ADDICT CLOTHES JAPAN

ADDICT CLOTHES JAPAN

MOTORCYCLES
CATEGORY
  • 2018年09月20日(木)

    明日こちらのイベントに参加する為、東京本店は19時までの営業とさせて頂きます。


    尚翌日22日は新型レザージャケットのAD-06やエンジニアブーツ、レースアップブーツの再入荷があります。
    今年リニューアルされたエンジニアブーツと新型レースアップブーツについては、過去の記事をご確認ください。

    皆様のご来店ぜひお待ちしております。



    ADDICT CLOTHES


    2018年09月19日(水)

    一時的にですが変則営業になっていた富山店ですが、本日より通常営業に戻りました。
    改めて富山店の営業時間、定休日は以下のようになります。
    水曜~日曜 12:00~20:00 月曜火曜定休 (祝日を除く)


    今週末はデリバリーもありますので、皆様のご来店お待ちしております。


    ADDICT CLOTHES


    2018年09月05日(水)

    明日から一時的にですが、富山店の営業時間が14:00 – 20:00となります。
    土日祝日も同じになりますので、ご来店予定の方はお間違えのないようご注意ください。

    尚通常の営業時間に戻りましたらまたこちらでご案内させて頂きます。



    ADDICT CLOTHES


    2018年08月30日(木)

    東京本店、富山店共に9月は以下のスケジュールで休業となります。

    東京本店
    毎週月曜定休 
    17日24日は祝日の為営業します。その為翌18日と25日が休業となります。
    尚26日はイベント参加の為休業となります。


    富山店
    毎週月曜火曜定休
    17日24日は祝日の為営業します。

    まだ未決定ですが、1週目2周目にかけて富山店のみ営業時間が変則的になる可能性があります。
    決まり次第こちらとインスタグラムでご案内させて頂きます。



    ADDICT CLOTHES


    2018年08月21日(火)

    またまたNortonのご紹介です。




    1934 Norton model18
    34年型の最大の特徴は左出しのエキゾースト。
    この年からフロントフォークはリバウンドスプリング付きになり前年までハンドチェンジが
    標準だったシフトがフットタイプに変更になります。この個体はオプションのTTポジティブ
    ストップが装備されている模様です。
    本来34年型ではインバーテッドタイプのレバーが装備されていますが後年のスタイルに
    変更されています。元に戻せばより完璧でしょう。





    お問い合わせはお気軽に。



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES






    2018年08月19日(日)

    先日ご紹介したES2はご成約となりました。
    お問い合わせ頂きました皆様ありがとうございました。
    買い逃して残念がられている方に朗報!同一年式のModel18が出ました。

    1935 Norton Model18 (500cc / OHV)
    当時ノートンのカタログ上で各モデルの中でまず最初に掲載されるモデル18。
    その事からもわかるようにノートンの根幹となるモデルです。
    その他のモデルは全て18から派生して行ったモデルと言っても過言ではないかも知れませんね。

    ES2との違いはフレームのみとなります。この時代レーシング、スーパースポーツモデルはクレードルタイプのフレームを採用していますが、その他の16H, Big four, 18, 19, 20, 50, 55は
    こちらのダイアモンドタイプのセミループフレームを採用しております。

    コンディションも良さそうです。如何でしょうか?
    詳しくはお問い合わせください。







    こちらの2台もまだありますよ。



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES






    2018年08月07日(火)

    NORTONの販売車両の紹介です。



    1935 NORTON ES2 (500cc / OHV)
    ノートン伝統の100mmロングストローク。オープンフレームの18と比べクレードル
    フレームのES2は市場に出てくる事が極めて少ない希少なモデルです。
    35年からは右側にエキゾーストが配置され、前年までのスターミーアーチャーに代わり
    自社製の4スピードギアボックスが装備されます。
    現車は東京店店頭にあり、現在輸入したままの状態ですがコンディションは良好。
    さらなる整備で日常の足にも十分使えます。

    現車を見ながら検討する事は中々出来ないモデルですのでこの機会に是非ご検討ください。



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES






    2018年08月03日(金)

    売り出されることが滅多にないモデルが出ましたのでご紹介します。


    1927 Velocette model K (350cc / OHC)

    OHVモデルを意味するMシリーズに先んじてリリースされたOHCのK
    シリーズ、その元祖であるモデルKです。
    横から見ると楔形のシェイプが特徴的なウェッジタンク最終年モデルとなります。
    フロントフォークも前年までのDruidに代わってwebb製がこの年より採用され
    よりモダンな雰囲気をまとっています。

    パティナまみれで説明不要のカッコ良さ。
    真剣なお問い合わせお待ちしております。






    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES











    2018年07月31日(火)

    東京本店、富山店共に8月は以下のスケジュールで休業となります。

    東京本店
    毎週月曜定休 
    8/14(火) – 16(木)は夏季休業となります


    富山店
    毎週月曜火曜定休
    8/4(土)、8(水)は臨時休業となります
    8/14(火) – 16(木)は夏季休業となります

    お盆明け位から、秋冬シーズンの新商品を少しづつブログやインスタグラムで紹介していこうと思います。
    ぜひそちらもご覧ください。



    ADDICT CLOTHES


    2018年07月15日(日)

    弊社取引先に入荷したオススメ販売車両の紹介です。

    1966 Triumph T120R Bonneville (650cc / OHV)
    この年だけのグレーグリップが特徴的なボンネビル。
    アイブロウバッヂのスリムなタンクもこの年からの採用です。
    カラーリングも相まって軽快な印象です。



    1968 Triumph T120R Bonneville (650cc / OHV)
    熟成された後期のボンネビル。世界的にもこの68年がボンネビルのベストイヤー
    だと言う声も多いです。



    1968 TRIUMPH T100R Daytona
    スモールユニットの最強モデルであるデイトナです。
    当時650より高速域でのパフォーマンスが良いとの評価を受けています。
    650と同一の足回りですが軽量コンパクトな車格で小気味よい走りが魅力的です。



    最近車両の動きが早いですので、ご興味ある方は早めにお問い合わせください。

    ブログでご紹介している車両はほんの一部です。
    お探しの車両等あれば探す事も出来ますのでご連絡ください。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES



    2018年07月11日(水)

    委託販売車両の紹介です。

    1927 Sunbeam model6 (500cc / SV)
    ロングストロークのフラットタンカーです。
    前後21インチのスタイルはヴィンテージ期の雰囲気を色濃く醸しています。
    実動状態でお手頃な価格でお出しできそうです。
    勿論さらなる整備やリコンディション作業等、クオリティをあげて行く作業も
    承りますのでご興味ある方は是非お問い合わせください。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES





    2018年06月29日(金)

    東京本店、富山店共に7月は以下のスケジュールで休業となります。

    東京本店
    毎週月曜定休 
    7/16(月)は祝日の為営業、翌17日(火)が振替休業となります。

    富山店
    毎週月曜火曜定休
    7/1(日)は臨時休業となります。
    7/15(日)は14時からの営業となります。


    先日東京本店で2日間のみ開催したサンプル&旧品のセールですが、
    7/28,29の2日間のみ富山店でも開催したいと思います。
    まだ少し先になりますが、近づいて来たらまたこちらでご案内させて頂きます。



    ADDICT CLOTHES


    2018年06月26日(火)

    探していると中々出ないVelocette MSSの販売車両のご紹介です。

    1938 Velocette MSS (500cc / OHV)
    ヴェロセットのレーシングモデルであるKTT mk5用に設計されたクレードルフレームに
    MACをビッグボア化した(68mm→82mm)500ccエンジンを搭載してリリースされたMSSです。
    ハイパワー、グッドハンドリングの魅力的なモデルです。
    それまでのモデルよりも車体剛性、車重が増してますので、それに伴ったどっしりした安定感が
    あります。初めてガーダーフォークのモデルに乗られる方でも比較的扱いやすいかと思います。



    1947 Velocette MSS (500cc / OHV)
    上のモデルと同じに見えますがこちらは戦後型となります。
    47年からはテレスコピックフォークに移行しますが48年まではガーダーフォークも
    併売されており選べたようです。
    38年モデルとは外観上大きな違いはありませんがヘッドライトレンズ、リアナンバープレートの
    形状変更。そしてフロントフォークダンパーノブの形状、素材変更等がなされています。
    エンジン内部ではクランクベアリングがニュータイプになっております。


    この個体は更にセルスターター装備済み。エンジンギアボックスは2年前にイギリスの
    著名なスペシャリストによってオーバーホールされています。

    近年中々出てこなくなった車両ですが珍しく2台売りに出ました。
    この機会に如何でしょうか?
    詳細、価格等お問い合わせください。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES













    2018年06月24日(日)

    もう一台A65の販売車両のご紹介です。

    1966 BSA Spitfire Mk2 (650cc / OHV)
    USバージョンのスピットファイアです。
    スピットファイアと言えば赤くて大きなタンクをイメージしがちですか
    こちらのスタイルの方がお好みの方も多いのではないでしょうか?




    詳細はお気軽にお問い合わせください。



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES







    2018年06月20日(水)

    BSAユニットツインのお勧め販売車両のご紹介です。

    1969 BSA A65FS Firebird scrambler (650cc / OHV)


    1970 BSA A65T Thunderbolt (650cc / OHV)

    重厚さと軽快さを併せ持つ60年代後期のBSA A65です。
    丸みを持ったデザインでパワーエッグの愛称を持つパワフルなエンジンを搭載しております。
    BSA特有の何とも言えない魅力的なデザインです。
    同時期の他メーカーより手を出しやすい価格も魅力ですね。

    お問い合わせお待ちしております。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES








    2018年06月03日(日)

    東京本店、富山店共に6月は以下のスケジュールで休業となります。

    東京本店
    毎週月曜定休 
    6/13(水) – 6/19(火)

    13日~19日まで昨年同様フランスで開催されるWHEELS&WAVESに出展する為休業となります。


    富山店
    毎週月曜火曜定休
    6/15(金) – 17(日)

    15日~17日まで卸先でのイベントに参加する為休業となります。


    6月もイベントが重なり営業日が変則的となります。
    ご迷惑おかけしますがご来店予定の方はご注意くださいませ。


    ADDICT CLOTHES


    2018年04月13日(金)

    非常に珍しい車両が売りに出ましたのでご紹介致します。



    1926 Sunbeam model6 (500cc / SV )
    サンビームの誇るロングストロークエンジンを搭載したモデル6です。
    85mmボア88mmストロークのエンジンを搭載するモデル5に対して77mmボア105.5mm
    ストロークを採用しています。
    翌年27年からdruidスタイルのドッグレッグフォークに変更されるフロントフォークは
    26年までは20年代初頭から続くこちらのフォークが採用されています。

    タンクも細く20年代初頭のビンテージ感を持ちながらもドラムブレーキが採用されているこの
    年式は人気がありながらも滅多に出てきませんのでいかがでしょうか?





    お問い合わせお待ちしております。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLE




    2018年04月10日(火)

    本日は戦前ヴェロセットのフラッグシップロードスターの販売車両のご紹介です。

    1938 Velocette KSS Mk2 (350cc / OHC)
    後期型OHCスーパースポーツのKSS Mk2です。
    戦前モデルのイメージが変わるくらいのスムーズでモダンな回り方をする
    OHCエンジン搭載モデルです。
    90マイル程度の最高速を記録するスーパースポーツ、オススメです。
    比較的部品の入手性も良好です。
    1935年のレーシングモデルKTTmk5用に開発されたクレードルタイプの
    フレームを採用しています。








    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES






    2018年04月06日(金)

    久々にガーダーフォークのES2が弊社取引先に入荷致しましたのでご紹介します。


    1935 Norton ES2 (500cc / OHV)

    説明不要のハンサムマシン。モデル18の上位機種に当たるES2です。
    一見model18との違いは見受けられませんが唯一にして最大の違いはフレームです。
    戦前のモデル18は全てオープンタイプのダイアモンドフレームを採用していますが
    ES2はレーシング、スーパースポーツモデルであるInternational、CS1と同様の
    クレードルタイプのフレームを採用しています。

    35年式の特徴は前年までの左側出しだったエキゾーストパイプが右出しになり
    この年よりノートン製の4速ポジティブストップギアボックス、通称ドールズヘッドが採用されます。(自社製と言っても製造元はburmanですが。。)
    部品供給、セカンドハンドパーツの量などからみると比較的維持しやすいガーダーフォークノートンはこの年式からと言えるかもしれません。


    人気の割に滅多に売りに出る機会の無いES2です。
    お探しだった方はお急ぎください。

    お問い合わせお待ちしております。





    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES






    2018年04月04日(水)

    本日も引き続き販売車両の紹介です。

    1965 TRIUMPH T120C Bonneville special competition (650cc / OHV)
    非常に貴重なT120Cです。
    TTパイプが純正採用された最初の年式で63~65年の間に200台少し作られた
    珍しい車両です。
    T120TTも貴重なモデルですがCの約18倍の生産台数ですのでいかに貴重かがわかるかと思います。

    公道走行用にバッテリー点火化、ライティングも装備済みです。
    貴重な機会ですので是非。

    真剣なお問い合わせお待ちしております。








    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES






    1 / 1312345...10...最後 »