ADDICT CLOTHES JAPAN

ADDICT CLOTHES JAPAN

MOTORCYCLES
CATEGORY
  • 2015年01月24日(土)

    未掲載のままだった在庫車両をウェブサイトに掲載しました。

    まだ制作途中、エンジンOH作業中の車両も含まれていますが、制作途中でもオーダー受付中です。
    気になる車両がある場合はぜひお問い合わせください。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES



    R0092797



    2015年01月22日(木)

    今日は久しぶりに海外で売りに出ているお勧めの車両を紹介しようと思います。


    キャプチャ
    1934 VELOCETTE KSS MKⅠ350cc (OHC)

    またまた出ましたMKⅠ
    もちろん安くはありませんが素性も良いスペシャルなバイクです。



    キャプチャ1
    1936 VELOCETTE KSS MKⅡ 350cc (OHC)

    お次はベロセット後期型OHCのKSSマークⅡ



    キャプチャ3
    1936 NORTON MODEL50 350cc (OHV)

    ノートンと言えば500ccのイメージが強いのでただの500ccボアダウンと思われがちですが、
    専用設計オープンフレーム、少し立ったキャスター角でクイックなハンドリングが魅力なバイクです。

    似たようなルックスで排気量が2種類ある車種の場合、どうしても大きいほうに目が行きがちですが、
    500㏄以上の大排気量車種に比べ350ccの方が、エンジンを高回転まで回して楽しめる点では楽しめる排気量でしょう。


    当店ではこの辺りのバイクの整備実績も豊富にあります。
    戦前のスペシャルなバイクが欲しい方はぜひお問い合わせください。



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES



    2015年01月21日(水)

    KSSmk2シリンダーヘッド第1次洗浄完了

    150109 001150109 002

    150109 003

    かなり大変でしたが綺麗になりました。

    ウェットブラストの方が早いし費用も頂きやすいのですが風合いを残すために手作業でゴシゴシしました。

    150108 020

    カム、ロッカーアーム

    150108 022

    KTTmk8カムであるK17/8が入っていました。

    分解前に現状データ取りの為に色んな条件下でデータ取りをしたのですが、
    どのカムのデータとも符合しませんでした。 何故だ?

    150108 023

    カムシャフト表面、一見綺麗ですがグラインダーで手削りしたあとペーパーで仕上げた様な表面です。 
    ちょっと怪しいですね、これが原因でしょうか?

    単体でデュレーション、オーバーラップ、ロブセンター等確認していきます。

    150108 024
    ロッカーアームカム側フェイシングはお約束通り段付き摩耗しています。
    これは別に耐久性が無いわけではなく、おそらく新車時からずっと使われてきた結果と思われます。

    摩耗による力点の変化もバルブタイミングの数値に異常が見られた一因かもしれません。

    150108 026

     バルブ側は良好

    150109 004
    トップカムボックス

    150108 014カムシャフト本体は結構摩耗が見られます。
    数値にすればわずかですがヴェロのOHCはベアリングの位置によって
    ベベルギアのバックラッシュを調整するので非常に重要です。

    カムローブの嵌め合いは良かったですがハウジング側、ベアリング側共にガタガタユルユルでしたので直します。

    150109 007
    カムボックス側の軸受部もかなり荒れ、かじりが有りますので要修正です。

    なかなか直しがいがありますね。


    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2015年01月17日(土)

    先日のKSSmk2のボトムエンドを分解すると~

    150108 004

    分解中嫌な予感がしていましたが

    150108 005

    ちょっと(かなり)まずいことになっています。。

    150108 007
    ケースを割る前にクランクシャフトエンドプレイを測定したところ、
    結構大きい数値を示したのでまずいな~と思ったのです。 
    (本来はゼロです。理由はご来店頂いた時にお話しします)

    クランクが左右に暴れてクランクシャフトとビッグエンドナットがケースに接触、
    クランク側もベアリングの座面がズタズタ、ベアリングとシャフト間もユルユルで空転してしまっています。

    150108 009

    ビッグエンドナットにクランクベアリングアウターレースが接触しています。

    150108 012

    スモールエンドも手ではピンが入りません。

    150108 018


    前回のオーバーホール時にわかっていたのかクランクシャフトに数か所ポンチ攻撃してあります。
    ちょっと手ごわいですが頑張ってしっかり直します。



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2015年01月14日(水)

    修理依頼のvelocette KSSmk2 現状確認の為分解します。

    150104 001

    ただでさえKSS/MSSのヘビーウェイトフレームモデルはプライマリーケース周りのクリアランスがタイトですが、
    数本のカバースクリューのネジが舐めていて閉まりも外れもしないと言う状態で、
    プライマリーケースが分解できません。

    急がば回れで今回は整備しないギアボックスと共にゴッソリ降ろします。

     

    150104 014
    降りました。

    プライヤー等駆使して何とかアウターケースを外してみるとインナーケースがグラグラ。
    クラッチユニットを外してインナーケースを外すと

     

    150104 017150104 018

    ギアボックス、ケース間のコルクガスケット入っていませんでした。。


    150104 026

    ヴェロセットのエンジンの中でも1,2を争う抜き取りづらいシリンダーを抜き取ります。


    150104 022

    ウエスで隠してありましたがベベルハウジングのスタッドが片方ありません。

     

    150104 024

    やはり中で折れていました。

     

    150104 011

    カム、バルブ、ロッカーアーム等取り外したシリンダーヘッド。
    一見綺麗ですが、、



    150104 006

    中々汚いです。

     

    150104 008

    バルブシートはベタ当たり且つ虫食い。
    インテーク側のほうがエキゾースト側よりポート内に付着したカーボンが多いです。
    オイル下がりだけでなくキャブクリーナーが変質したカーボンぽいです。

    できればスプレーしてエンジン掛ければあら不思議!系のキャブクリーナーは使わないでください。
    キャブレター内通路は綺麗になるかもしれませんがポート、
    燃焼室内にカーボン等が大量発生して分解洗浄費用を5倍くらい頂きたくなる大変な作業になりますので。。。

    経過は次回また。

    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2015年01月10日(土)

    少し前ですが、九州のお客様から整備依頼でベロセットKSSMKⅡをお預かりしました。

    現状始動性が悪く本来の性能も発揮できていない為、OHして完調にしていきます。

    作業内容はまたこちらでアップしていきたいと思います。


    R0092619



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2015年01月07日(水)

    先日のトライアンフタイガー90。
    フレーム組み立ての前にその他の車体構成部品も点検整備しておきます。

    フロントフォークはシール、インナーチューブ(英国的に言うとstanchionですね)
    が死亡してましたので部品発注。その間に前後ホイールの点検整備です。

     

    フロントブレーキ御開帳。。

    141215 001

    汚いです。

     

     

    141215 002

    サークリップ破損。

     

     

    141215 005

    ベアリングゴリゴリ。

     

     

    141215 007

    リアはボチボチ。

     

     

    141215 008

    フロントブレーキ。

    シューの取り付けが逆。

     

     

    141215 009

    こちらはリア。これもシューの取り付けが逆ですね。

     

     

     

    141215 011

    ライニングが欠けております。

    シューの減り、硬化、カムの当たり面のエグレ等あるんで張り替えでは無くフェロード製の新品に交換します。

     

     

    141216 003 141216 001 141216 002

     

    フェロードのシューはかなり作りが荒いのでバリ取り、修正して組み付けていきます。

    新品パーツなのに取り付け可能な状態にするためひと手間ふた手間掛かります。
    日本製パーツでは考えられませんが作ってくれているだけありがたいです。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES



    2014年12月24日(水)

    中国地方のお客様よりエンジンオーバーホール依頼でお預かりしているトライアンフT90です。

    エンジン以外でも気になるところがあれば整備してくださいとのことですので、
    クランクリグラインドの外注加工待ちの間に入庫時から気になっていたスイングアームブッシュの交換をします。

    141212 001

    エイヤっと抜き取りました。

    141212 018

    外したスイングアームとOLDアンドNEWスピンドル、NEWブッシュ簡単そうに書いていますが結構大変です。
    プレスで作業しますのでここまで分解しないといけません。

     141215 021

    一番上の画像からここまでバラバラになりました。

    ユニットの650、750系はもっと簡単に出来ますがユニットの350、500系と
    プリユニットのスイングアームモデルはほぼ全バラ状態にしないと作業出来ないので大変です。

     とても地味ですが作業風景です。


     

    141212 017

    スチールバックの巻きタイプのスイングアームブッシュも無事入替完了。薄物ですので緊張します。

    圧入した分内径が小さくなりますのでラインリーム後ラッピング、ホーニングで仕上げます。

    その他にも要整備箇所があちこちに見つかりましたので続きはまた。

     

    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES
    Mechanic 木谷


    2014年12月21日(日)

    年末年始の休業に関するお知らせです。

    2014年12月29日(月)~2015年1月5日(月)まで休業いたします。

    新年は1月6日火曜日13時より通常営業となります。



    ADDICT CLOTHES


    2014年12月19日(金)

    岡山県より修理車両の1959 Velocette VENOMが到着しました。

    オーナー様はとても情熱のある方で自分で整備やエンジン丸ごとイギリスのレストアラーに送って
    オーバーホールさせるなど色々されたみたいですが、
    どうしてもエンジンがかからないとの事で機関、車体各部の整備依頼を頂きました。

     141215 013

    キャブレターを分解点検取り付けしてエンジン始動の準備をし始動を試みるのですが掛かる気配がありません。
    キックを繰り返すうちにキックリターンスプリングが折れてしまったので気を取り直して交換し
    (スプリング交換時に別の不具合個所もみつかりました。。)
    一応リビルト調整済みと聞いているエンジンの点検に入ります。

    ロッカーインスペクションカバーのスクリュー、タイミングチェストのカバースクリューのネジ穴が
    8か所も舐めているのを発見しつつバルタイ、点火時期の調整をします。

    結果両方ともずれがありましたので点火時期はさっさと再調整、
    バルブタイミングはカムのデュレーションを計測後ロブセンターを割り出し数回に分けて補正しました。

    再度始動準備をしていざキック。


    無事にかかりました。

    あとはその他の不具合も修理してお客様にお戻しします。

    ナンバープレートをみると最低でも15年近く走って無かったようです。
    来春は日本の路上にヴェロセットがまた一台増えそうです。

     


    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES
    Mechanic 木谷


    2014年12月16日(火)

    今日は在庫車両のご紹介です。

    整備依頼の仕事が多くなかなか在庫車両を仕上げることができませんが、
    その中である程度形になっている車両をご紹介します。

    R00924901950 VELOCETTE MAC 350cc (OHV)

    当店でエンジン整備済でとても快調に走ることができる車両です。
    販売価格は海外から入れる特選中古車よりは高いですが、
    それを同コンディションまで仕上げて安心して乗ることを考えれば割安で、大変お勧めできる車両です。

    画像ではエキパイが付いていませんがもう完成間近です。

    R0092494
    R0092486
    R0092488


    次はハイパフォーマンススポーツモデルのVENOM

    R0092457
    1960 VELOCETTE VENOM 500cc (OHV)

    12月4日のblogでエンジン始動動画を掲載した車両です。

    http://addict-clothes.com/blog/motorcycles-blog/movie/2704/

    動画掲載後、微妙な位置に付いたウィンカーを外しシートもオリジナルに交換しました。
    小さなことですがそれだけで随分とかっこよくなります。

    委託販売の車両なので現状販売になりますが、過去にエンジンの整備はしてあるようです。
    現在エンジンはすぐに始動しますので、このまま乗ることはできますが、
    もちろん当店で追加整備ご希望の場合も別途承ります。

    こちらも追加整備をしたとしても結果お手頃な価格なので、車両価格を抑えたい方にはぜひお勧めです。

    R0092469
    R0092464
    R0092461


    2台とも店頭にありますので、興味のある方はぜひ実物をご覧ください。



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES



    2014年12月14日(日)

    30s – 60s. BSA, NORTON,VELOCETTE.


    R0092498


      ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2014年12月12日(金)

    写真見ただけで何のエンジンか分かった方は相当イカレテルかと思います。

    写真 2

    写真 3


    1926年のREX ACMEに搭載されているblackburne社製の350ccOHVエンジンのシリンダー、ヘッド等ですが、
    現状確認の為、分解点検しております。

    この辺になるとパーツの供給は全くないと言っても過言ではないので、
    部品が豊富なエンジンと違ったアプローチが必要になります。 大変ではありますが情熱で乗り越えます。


    開けてみるとスリーブ打ち替え無しでスタンダードピストン!
    ガイドもバルブも結構ガタガタですが今回はデータ取りに専念します。 
    データ収集後は現状出来ることをやって組み立てに入ります。

    どうやら腰上だけでもピストンリング、バルブ、バルブガイド、バルブスプリング、ローラーベアリング制作と色々制作しなければならなそうです。

    そう言うと、とてもコンディションが悪そうですがこの辺の時代のエンジンは開けてみれば大体そんなもんです。 
    一般的にオーバーホール時に交換するパーツ以外はほぼノーダメージの今回は大当たりと言って良いでしょう。

    写真 1

    大きなバルブにモダンなバルブ挟角!
    フラットトップのピストンで圧縮を下げず且つバルブサイズも確保すると言う、
    相反する条件を解決するブラックバーンの答えがこれだったのでしょう。

    当時のブラックバーンエンジンチューニングに習ってヘッドガスケットレスの合わせ面ラッピングを施しました。

    写真 4


    それにしてもチューリップバルブはタコ棒くっつけにくいです。。。。。。



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2014年12月06日(土)

    お客様の車両整備の合間に販売車両の整備も少しずつ進めています。
    今日はその一部をご紹介します。

    1951 Matchless G3LCのエンジンですが、始動性も良く全体的には程度良さそうでしたが、
    実際分解してみると色々あります。

    20141204 001

    タペット、タペットガイドが摩耗してクリアランス過大でしたので抜き取り新品に交換します。
    簡単そうに書いてますがマチレス、AJSのこのシリーズのエンジンは後からタペットを差し込めない構造ですので、
    抜き取り時もまとめて抜き取ります。

    タペットだけ抜き取れればその穴を利用して抜き取れるのですが、
    構造上無理なので昔自作した交換用工具で押し出して外します。(プーラーと言うよりプッシャーですね)

    20141204 009
    自作プーラーです。


    無事抜き取れたので新品をインストール。
    嵌め合い距離が長いので緊張しますが、十分に加熱して無事挿入、一緒にカムブッシュも交換。

    20141204 007
    完了です。
    ラインリーム後にカムシャフトエンドプレイを測定しておきます。

    20141204 003
    では続きはまた後日。


    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2014年12月04日(木)

    今日はリクエストのあった、在庫のベロセットVENOMのエンジン始動動画です。

    現在委託販売でお預かりしている車両で、かなり長い間エンジンをかけていませんでしたが、
    バッテリーを充電しただけですぐに始動しました。




    しっかりとしたエンジンだと納得させられる、かなり良い音がします。
    実際はもっと重低音が響いて動画で聞くより更に良いですよ。

    現在スワローハンドル&バックステップ仕様なので、お客様のお好みに応じてカスタムも承ります。

    乗りやすさを重視して、下の画像のようにハンドル&ステップをノーマルスタイルに戻しても良いと思います。

    Velocette Viper 791UXM 098


    アップハンドルにするとガラリと雰囲気が変わります。

    DSC_0646


    スラクストン風のカスタムやカウルを付けてもかっこいいですね。
    ※(画像はオリジナルスラクストン)

    velocette_venom_thruxton_lg
    VVT1


    ベロセットに関しては特に豊富な整備実績がありますので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2014年12月03日(水)

    既に始動しているADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLEですが、
    不定期ですがBLOGで日々の作業内容や車両紹介をしています。

    まだこのページの存在に気が付いていない方も多いようですが、
    BLOGページ上部右側のバイク画像をクリックして頂けると、そのBLOGページに飛びます.。


    同じくSTOCKページでは在庫車両も掲載する予定ですが、こちらはまだ準備中です。
    店舗では在庫車両もご用意していますので、興味のある方はぜひお越しください。

     

    ADDICT CLOTHES



    2014年11月30日(日)

    今日は現在海外で売りに出ている車両の中からお勧めのモノを紹介します。

    まずはうちが特に得意としているベロセットから

    default
    1936 VELOCETTE MAC 350cc (OHV)


    11default
    1957 VELOCETTE MSS 500cc (OHV)


    どちらも良さそうですね~

    現地で多分すぐに売れてしまうと思いますが、興味のある方はぜひお問い合わせください。
    ちなみにうちにもテレスコリジッドとスイングアームの各一台ずつMACの在庫がありますが、
    他の仕事を優先して行っているのでお披露目はもう少し先になると思います。


    Triumph 5T Speed Twin 880XUJ 098
    1950 TRIUMPH 5T SPEED TWIN 500cc (OHV)

    個人的にトラの中では好きな車種のスピードツインです。
    この辺の年代のバイクにサラっと乗るかっこいい大人が増えてほしいですね。
    マッチングナンバーではないんで多少価格は安めです。 外装はレストア済みでとてもきれいですね。


    101924 SUNBEAM MODEL1 350cc (SV)

    最後にとんでもないの持ってきましたが、本気で売るつもりです(笑)
    普段トコトコ走るにはとても面白いと思いますよ。
    誰かジャケットスタイルでこんなの乗ってみませんか?



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES  


    CCF20141130_00000




    2014年11月29日(土)

    ベロセットベノムとMSSのシリンダーヘッドオーバーホール完了です。

    MSSはウェットブラスト仕上げ、ベノムは徹底的に洗浄して仕上げました。
    MSSは売約済みですがベノムの方は販売用製作車両のものです。

    20141129-024

    特別な事は何もしてませんがNEWバルブ、ガイド製作、セット長、シートカット、
    修正面研等とフルコースの作業です。
    小さな積み重ねが調子のよいバイクへと繋がります。

    20141129-027

     

     あとはコイツを完成に向けて仕上げていっています。

     

    20141129-030

     

     ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES

     

    2014年11月24日(月)

    今日は昨日紹介した、1937 NORTON CS1のエンジン腰上OHが終わり組み上がったので試乗してみました。

    R0092072

    いや~ めちゃくちゃかっこいいですねー


    うまく動画が撮れず何度か撮りなおしましたが、全てほぼキック一発で始動できました。
    旧車、特にこの年代になるとちゃんと走らないと思っている人も多いかと思いますが、 きちんと整備すればめちゃくちゃ走ります。


    もちろん戦前車だけではなく戦後のノートンにも良い車両はたくさんありますので、
    興味のある方はぜひお問い合わせください。


    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES



    2014年11月23日(日)

    先日紹介したのは戦後のノートンインターナショナルでしたが

    今日のは1937年のCS1です。

    こちらはマグネシウム製のカムボックス、鋳鉄シリンダー、シリンダーヘッドですので同じ
    OHC500でも大分表情が違います。

     

    20141122 029

    腰上オーバーホールを施した後に何度も仮組、測定を繰り返し低速が犠牲にならず高回転も
    気持ちよく回るバルブタイミングを探し出し組み上げました。

    カムシャフトはインター用を使っていますが少し自己流にモデイファイしています。

     

    20141122 030

     

    始動させてみたところ中々良さそうです。

    その他にもハーネス新規作成張替等作業も行いました。

    明日より試乗に入り念入りにチェック、セッティングをして納車の予定です。

     

    その他にタンクのさび取り(他のバイクの)をしたのですが、
    錆取り前にざっと洗ってみると。。。。。

     

    20141122 026

    色々出てきました。(一部です)

    みなさんタンク内の状況にも気を配りましょう。




    次回は上のノートンCS1の試乗動画を掲載したいと思います。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES
    Mechanic 木谷


    10 / 12« 先頭...89101112