ADDICT CLOTHES JAPAN

ADDICT CLOTHES JAPAN

MOTORCYCLES
CATEGORY
  • 2015年03月04日(水)

    先日のNORTON INTERNATIONAL30の続きです。

    R0093761

    IMG_0067

    バルタイ調整の前にベベルギアのバックラッシュを調整します。
    調整はクランクギア裏のシムとベベルハウジングの座面にシムを入れて調整します。
    バーチカルシャフトのクリアランスにも影響してくるので各部にとって良いように繰り返し調整します。
    ノイズの低減にはもちろんの事バルブタイミングの測定値にも影響ありますので大事な部分かと思われます。

    IMG_0073

    排気側ロッカースキッドも在庫の新品に交換。 カムがああいう状態でしたのでこちらも荒れ放題です。
    ここの曲率が変わっても測定値がかなり変わります。

    IMG_0070

    ノートンのカムボックスはクリアランスがタイトなので、
    スキッドの摩耗が進むとロッカーアームがカムの周りのリング状のハウジングを叩き割ってしまいます。
    その点でもご注意ください。

    新品同士の組み合わせでもアームとリング間のクリアランスはタイトです。

     

    IMG_0092

    まずは排気側カムだけセットして一度組み込みタイミング測定します。
    ご存じの様にバルブタイミングの最重要ポイントは排気の閉じ終わりと吸気の開き始めなので
    そこに注意します。
    ギアに開いた12個の穴に対してカムシャフト側には11個の穴ですのでバーニア方式で細かく
    設定できます。

    IMG_0074

    排気側が決定したので再度分解し次は吸気カム側のタイミング調整です。
    吸気側のカムは排気カムに対してこれまたバーニアで位置決めされています。

    排気側と違って吸気側のバルブタイミングを再度変更するにはカムボックスを取り外し
    再度分解が必要ですのでとても大変です。

    IMG_0090

    そんなこんなでタイミング決定して完了しました。
    良い数値に出来たので吹け上がりが楽しみです。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES
    Mechanic 木谷


    2015年03月01日(日)

    CCF20141206_00002 - コピー


    いきなり画像から始まりましたが、
    80年代のマイナーバンドTシャツかと思いきや、NORTONの古い資料の中から見つけた
    1920年代初頭NORTONのトランスファーのデザインです。
    NORTON MOTORCYCLESではなくMOTORSなのが時代を感じさせますね。


    こんな時代なのでとても意外でしたが、

    R0093316

    バイクの楽しみ方は千差万別だと思いますが、
    当時のファッションやデザインにも興味を持つとより深く楽しめると思います。
    メカがわからない人はデザインや造形が好きだからでもいいと思いますよ全然。
    その為にプロがいますから。

    また面白いものを見つけたら紹介したいと思います。


    現在イギリスから戦前のノートンを1台輸入中です。輸入代行ではなく在庫車両です。
    現車ではありませんがこんな感じの車両です。

    04-08-2013 014204PM

    いやーかっこえぇ~…笑

    もちろんまだオーナーさんは決まっておりませんので、興味のある方は個別にお問い合わせください。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES
    石嶋 聡


    2015年02月25日(水)

    昨年末に完成させて年明けに納車する予定だったノートンインターナショナルでしたが
    最後の最後に不良個所発見。

    R0093761

    IMG_0062

    新品カムと比べると排気カムが極端に摩耗しています。

    元々はオイルドレンのネジ穴舐めの修理依頼で入庫したのですが、
    分解したところシリンダー抱きつき、バルブガイドのインチキ加工、バルブの曲がり等色々発見されたので、
    見て見ない振りもできないのでオーナー様の許可を得て見過ごせない部分は全て修理しました。
    分解時にバルブタイミングの合いマークとかが全然合っていなかったのでメモを取り、
    それを見ながら復元して分解前の状態に戻し測定すると、
    バルブタイミングがおかしいと言うかロブセンターは合っているけど作用角が極端に少ないと言う感じでしたのでカムボックスを分解しました。

    IMG_0069
    新旧カムシャフト

    IMG_0063

    新品カムと比べると一目瞭然です。

    極端な摩耗が見られたのは排気側カムで吸気側は良くあるレベルの摩耗でしたが、
    刻印を見ると吸排気共に元々入っていたのは350のインター用でした。
     
    おそらく間違って組んだわけでは無くたまたま交換時に350用のカムしか手に入らなかったのか、
    もしくはリフト量を減らして絶対的パワーを犠牲にしてでも低いリフトで軽やかに回るエンジンを目指したのかなと思います。なので今回は吸排気共に500用に戻します。

    年末に新品カムを注文していたのですが残念ながら在庫切れ、
    しかもカムメーカーが倒産したので再入荷予定無し、、、 

    レーシングインター用ならあるとの事だったのですが、ロードで使うにはちょっと過激なプロフィールでどうしようか悩み困っていたところ、
    英国のスペシャリストが自分用にストックしていた最後のロード用の新品セットを分けてくれました。 
    ありがたや。ありがたや。

    そんなこんながあって新品カムがやっと入荷したので
    これから組んで行くのですがインターのバルブタイミング測定組み付けは確認事項が多いのと調整幅が細かいので結構時間がかかります。。。。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES
    Mechanic 木谷


    2015年02月21日(土)

    以前ご紹介したダメージが大きかったベロセットKSSのクランクシャフトの加工が上がってきました。

    150108 007
    元はこれ

    IMG_0098
    今回はハードクロムにて処理しています。

    150108 014

    こちらのカムシャフトも

    IMG_0097
    この通り

    IMG_0096

    座面はとりあえず面出しの為にハードクロム後、旋盤でさらいました。
    ここからベアリングの位置出し、スペーサーの製作等が待っています。

    それが終わったらやっとクランク組み立てです。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2015年02月19日(木)

    R0093763

    試乗中にフロントフォークが動かなくなると言うトラブルに見舞われてAJSのフォークを分解すると

    IMG_0035

    ガッツリ錆で腐食していました。

    押し引きしたり近所を流す分には非常にスムーズに動いていたのですが、
    ハードブレーキングでかなり沈み込んだ時に丁度腐食で荒れている部分とトップブッシュが噛みこんだようです。

    IMG_0040

    フォークの構成部品です。
    マチレス、AJSのテレドロリックフォークは戦中から使われており、英国車の市販車の中ではかなり先進的です。

    ロッドタイプのダンパーはコンベンショナルなタイプですが、
    40年代から既にアルミ製のボトムスライダーが使われています。

    IMG_0044

    樹脂製のオリジナルトップブッシュ。

    IMG_0041

    この時代でリバウンドスプリングも装備されています。

    いや~モダンですね。



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2015年02月15日(日)

    CCF20150215_00000




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2015年02月14日(土)

    岡山県からの整備ご依頼のヴェロセット。
    フォークのオーバーホールを終え破損していたブレーキドラムを新品に交換。

    IMG_0010

    仮組確認をしたのちに、新品スポークで組み立て芯出しをしようとパッケージを開封すると

    IMG_0011

    同じスポークが80本。。。。

    IMG_0012

    本来はこのように内掛け、外掛けで首の曲がり、長さが違います。
    流石英国車、中々一筋縄ではいきません。。。。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2015年02月11日(水)

    修理中のベロセットベノムのギアボックスです。

    ケースに12Rというクロスレシオを示す刻印があったので期待して開けてみると

    150110 001

    12Rどころか12でもなく14のギアが入っていました。笑

    通常12RギアボックスはTTレシオと呼ばれスラクストンやクラブマンモデルのレーシングスペックに使われ、
    12はベノム、MSS、VIPERに使われるSTDクロスレシオ。(英国風に言えばクローズドレシオですね) 
    14はMAC等に使われていたワイドレシオです。

    せっかくなので12番にするのも面白くないのでちょっと悪戯して
    12と12Rの丁度中間を狙ってヴェロセットで本来無いレシオで組み立てることにしました。

    計算してみると12Rほどローギアが高くなく良い感じに出来そうです。

    150110 004

    スライディングドッグもナメナメで要交換です。

    150120 009

    スライディングドッグ交換

    150120 010

    レイシャフトの一番奥のギアは歯を2枚変更。

    インプレッションはまた後日。



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2015年02月03日(火)

    製作中だった当社オリジナルパーツが完成したのでオーバーホール中のエンジンに組み込んで行きます。

    150119 011

    ノートンシングル用カムシャフトブッシュです。
    似ていますが4つとも微妙に寸法、オイル穴位置等違います。

    150119 012

    150119 013

    端面、内部のオイル溝もきちんと再現。

    150119 015

    オリジナルとの比較

    150120 011

    入替ましたがバッチリです。


    ノートンはビッグメーカーですがツイン系と違ってワーキングシングル系のこういった
    パーツの供給は良くないので製作しました。

    お困りの方はお問い合わせください。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES
    Mechanic 木谷


    2015年01月30日(金)

    お預かりしていたVelocette MACのエンジンオーバーホール等がほぼ完了しました。

    130203 053

    エキパイも今回交換したのでグッと精悍なルックスになりました。

    R0092877 - コピー

     

     後は試乗、微調整をもう少し重ねたら納車です。



    ヴェロセットのオーバーホール承りますのでお気軽にお問い合わせください。



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES
    Mechanic 木谷



    2015年01月28日(水)

    CCF20141007_00008




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES



    2015年01月25日(日)

    昨日ウェブサイトのSTOCKページに追加した1929 NEW IMPERIALのエンジン始動動画です。





    動画ではうまく音が拾えていませんが、
    実際は500cc & ツインポートのブルックランズカンの迫力ある音がします。

    まだ路上では走っていませんがめちゃくちゃ楽しそうな車両です。

    興味のある方はぜひお問い合わせください。



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2015年01月24日(土)

    未掲載のままだった在庫車両をウェブサイトに掲載しました。

    まだ制作途中、エンジンOH作業中の車両も含まれていますが、制作途中でもオーダー受付中です。
    気になる車両がある場合はぜひお問い合わせください。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES



    R0092797



    2015年01月22日(木)

    今日は久しぶりに海外で売りに出ているお勧めの車両を紹介しようと思います。


    キャプチャ
    1934 VELOCETTE KSS MKⅠ350cc (OHC)

    またまた出ましたMKⅠ
    もちろん安くはありませんが素性も良いスペシャルなバイクです。



    キャプチャ1
    1936 VELOCETTE KSS MKⅡ 350cc (OHC)

    お次はベロセット後期型OHCのKSSマークⅡ



    キャプチャ3
    1936 NORTON MODEL50 350cc (OHV)

    ノートンと言えば500ccのイメージが強いのでただの500ccボアダウンと思われがちですが、
    専用設計オープンフレーム、少し立ったキャスター角でクイックなハンドリングが魅力なバイクです。

    似たようなルックスで排気量が2種類ある車種の場合、どうしても大きいほうに目が行きがちですが、
    500㏄以上の大排気量車種に比べ350ccの方が、エンジンを高回転まで回して楽しめる点では楽しめる排気量でしょう。


    当店ではこの辺りのバイクの整備実績も豊富にあります。
    戦前のスペシャルなバイクが欲しい方はぜひお問い合わせください。



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES



    2015年01月21日(水)

    KSSmk2シリンダーヘッド第1次洗浄完了

    150109 001150109 002

    150109 003

    かなり大変でしたが綺麗になりました。

    ウェットブラストの方が早いし費用も頂きやすいのですが風合いを残すために手作業でゴシゴシしました。

    150108 020

    カム、ロッカーアーム

    150108 022

    KTTmk8カムであるK17/8が入っていました。

    分解前に現状データ取りの為に色んな条件下でデータ取りをしたのですが、
    どのカムのデータとも符合しませんでした。 何故だ?

    150108 023

    カムシャフト表面、一見綺麗ですがグラインダーで手削りしたあとペーパーで仕上げた様な表面です。 
    ちょっと怪しいですね、これが原因でしょうか?

    単体でデュレーション、オーバーラップ、ロブセンター等確認していきます。

    150108 024
    ロッカーアームカム側フェイシングはお約束通り段付き摩耗しています。
    これは別に耐久性が無いわけではなく、おそらく新車時からずっと使われてきた結果と思われます。

    摩耗による力点の変化もバルブタイミングの数値に異常が見られた一因かもしれません。

    150108 026

     バルブ側は良好

    150109 004
    トップカムボックス

    150108 014カムシャフト本体は結構摩耗が見られます。
    数値にすればわずかですがヴェロのOHCはベアリングの位置によって
    ベベルギアのバックラッシュを調整するので非常に重要です。

    カムローブの嵌め合いは良かったですがハウジング側、ベアリング側共にガタガタユルユルでしたので直します。

    150109 007
    カムボックス側の軸受部もかなり荒れ、かじりが有りますので要修正です。

    なかなか直しがいがありますね。


    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2015年01月17日(土)

    先日のKSSmk2のボトムエンドを分解すると~

    150108 004

    分解中嫌な予感がしていましたが

    150108 005

    ちょっと(かなり)まずいことになっています。。

    150108 007
    ケースを割る前にクランクシャフトエンドプレイを測定したところ、
    結構大きい数値を示したのでまずいな~と思ったのです。 
    (本来はゼロです。理由はご来店頂いた時にお話しします)

    クランクが左右に暴れてクランクシャフトとビッグエンドナットがケースに接触、
    クランク側もベアリングの座面がズタズタ、ベアリングとシャフト間もユルユルで空転してしまっています。

    150108 009

    ビッグエンドナットにクランクベアリングアウターレースが接触しています。

    150108 012

    スモールエンドも手ではピンが入りません。

    150108 018


    前回のオーバーホール時にわかっていたのかクランクシャフトに数か所ポンチ攻撃してあります。
    ちょっと手ごわいですが頑張ってしっかり直します。



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2015年01月14日(水)

    修理依頼のvelocette KSSmk2 現状確認の為分解します。

    150104 001

    ただでさえKSS/MSSのヘビーウェイトフレームモデルはプライマリーケース周りのクリアランスがタイトですが、
    数本のカバースクリューのネジが舐めていて閉まりも外れもしないと言う状態で、
    プライマリーケースが分解できません。

    急がば回れで今回は整備しないギアボックスと共にゴッソリ降ろします。

     

    150104 014
    降りました。

    プライヤー等駆使して何とかアウターケースを外してみるとインナーケースがグラグラ。
    クラッチユニットを外してインナーケースを外すと

     

    150104 017150104 018

    ギアボックス、ケース間のコルクガスケット入っていませんでした。。


    150104 026

    ヴェロセットのエンジンの中でも1,2を争う抜き取りづらいシリンダーを抜き取ります。


    150104 022

    ウエスで隠してありましたがベベルハウジングのスタッドが片方ありません。

     

    150104 024

    やはり中で折れていました。

     

    150104 011

    カム、バルブ、ロッカーアーム等取り外したシリンダーヘッド。
    一見綺麗ですが、、



    150104 006

    中々汚いです。

     

    150104 008

    バルブシートはベタ当たり且つ虫食い。
    インテーク側のほうがエキゾースト側よりポート内に付着したカーボンが多いです。
    オイル下がりだけでなくキャブクリーナーが変質したカーボンぽいです。

    できればスプレーしてエンジン掛ければあら不思議!系のキャブクリーナーは使わないでください。
    キャブレター内通路は綺麗になるかもしれませんがポート、
    燃焼室内にカーボン等が大量発生して分解洗浄費用を5倍くらい頂きたくなる大変な作業になりますので。。。

    経過は次回また。

    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2015年01月10日(土)

    少し前ですが、九州のお客様から整備依頼でベロセットKSSMKⅡをお預かりしました。

    現状始動性が悪く本来の性能も発揮できていない為、OHして完調にしていきます。

    作業内容はまたこちらでアップしていきたいと思います。


    R0092619



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2015年01月07日(水)

    先日のトライアンフタイガー90。
    フレーム組み立ての前にその他の車体構成部品も点検整備しておきます。

    フロントフォークはシール、インナーチューブ(英国的に言うとstanchionですね)
    が死亡してましたので部品発注。その間に前後ホイールの点検整備です。

     

    フロントブレーキ御開帳。。

    141215 001

    汚いです。

     

     

    141215 002

    サークリップ破損。

     

     

    141215 005

    ベアリングゴリゴリ。

     

     

    141215 007

    リアはボチボチ。

     

     

    141215 008

    フロントブレーキ。

    シューの取り付けが逆。

     

     

    141215 009

    こちらはリア。これもシューの取り付けが逆ですね。

     

     

     

    141215 011

    ライニングが欠けております。

    シューの減り、硬化、カムの当たり面のエグレ等あるんで張り替えでは無くフェロード製の新品に交換します。

     

     

    141216 003 141216 001 141216 002

     

    フェロードのシューはかなり作りが荒いのでバリ取り、修正して組み付けていきます。

    新品パーツなのに取り付け可能な状態にするためひと手間ふた手間掛かります。
    日本製パーツでは考えられませんが作ってくれているだけありがたいです。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES



    2014年12月24日(水)

    中国地方のお客様よりエンジンオーバーホール依頼でお預かりしているトライアンフT90です。

    エンジン以外でも気になるところがあれば整備してくださいとのことですので、
    クランクリグラインドの外注加工待ちの間に入庫時から気になっていたスイングアームブッシュの交換をします。

    141212 001

    エイヤっと抜き取りました。

    141212 018

    外したスイングアームとOLDアンドNEWスピンドル、NEWブッシュ簡単そうに書いていますが結構大変です。
    プレスで作業しますのでここまで分解しないといけません。

     141215 021

    一番上の画像からここまでバラバラになりました。

    ユニットの650、750系はもっと簡単に出来ますがユニットの350、500系と
    プリユニットのスイングアームモデルはほぼ全バラ状態にしないと作業出来ないので大変です。

     とても地味ですが作業風景です。


     

    141212 017

    スチールバックの巻きタイプのスイングアームブッシュも無事入替完了。薄物ですので緊張します。

    圧入した分内径が小さくなりますのでラインリーム後ラッピング、ホーニングで仕上げます。

    その他にも要整備箇所があちこちに見つかりましたので続きはまた。

     

    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES
    Mechanic 木谷


    11 / 13« 先頭...910111213