ADDICT CLOTHES JAPAN

ADDICT CLOTHES JAPAN

MOTORCYCLES
CATEGORY
  • 2014年12月12日(金)

    写真見ただけで何のエンジンか分かった方は相当イカレテルかと思います。

    写真 2

    写真 3


    1926年のREX ACMEに搭載されているblackburne社製の350ccOHVエンジンのシリンダー、ヘッド等ですが、
    現状確認の為、分解点検しております。

    この辺になるとパーツの供給は全くないと言っても過言ではないので、
    部品が豊富なエンジンと違ったアプローチが必要になります。 大変ではありますが情熱で乗り越えます。


    開けてみるとスリーブ打ち替え無しでスタンダードピストン!
    ガイドもバルブも結構ガタガタですが今回はデータ取りに専念します。 
    データ収集後は現状出来ることをやって組み立てに入ります。

    どうやら腰上だけでもピストンリング、バルブ、バルブガイド、バルブスプリング、ローラーベアリング制作と色々制作しなければならなそうです。

    そう言うと、とてもコンディションが悪そうですがこの辺の時代のエンジンは開けてみれば大体そんなもんです。 
    一般的にオーバーホール時に交換するパーツ以外はほぼノーダメージの今回は大当たりと言って良いでしょう。

    写真 1

    大きなバルブにモダンなバルブ挟角!
    フラットトップのピストンで圧縮を下げず且つバルブサイズも確保すると言う、
    相反する条件を解決するブラックバーンの答えがこれだったのでしょう。

    当時のブラックバーンエンジンチューニングに習ってヘッドガスケットレスの合わせ面ラッピングを施しました。

    写真 4


    それにしてもチューリップバルブはタコ棒くっつけにくいです。。。。。。



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2014年12月06日(土)

    お客様の車両整備の合間に販売車両の整備も少しずつ進めています。
    今日はその一部をご紹介します。

    1951 Matchless G3LCのエンジンですが、始動性も良く全体的には程度良さそうでしたが、
    実際分解してみると色々あります。

    20141204 001

    タペット、タペットガイドが摩耗してクリアランス過大でしたので抜き取り新品に交換します。
    簡単そうに書いてますがマチレス、AJSのこのシリーズのエンジンは後からタペットを差し込めない構造ですので、
    抜き取り時もまとめて抜き取ります。

    タペットだけ抜き取れればその穴を利用して抜き取れるのですが、
    構造上無理なので昔自作した交換用工具で押し出して外します。(プーラーと言うよりプッシャーですね)

    20141204 009
    自作プーラーです。


    無事抜き取れたので新品をインストール。
    嵌め合い距離が長いので緊張しますが、十分に加熱して無事挿入、一緒にカムブッシュも交換。

    20141204 007
    完了です。
    ラインリーム後にカムシャフトエンドプレイを測定しておきます。

    20141204 003
    では続きはまた後日。


    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2014年12月04日(木)

    今日はリクエストのあった、在庫のベロセットVENOMのエンジン始動動画です。

    現在委託販売でお預かりしている車両で、かなり長い間エンジンをかけていませんでしたが、
    バッテリーを充電しただけですぐに始動しました。




    しっかりとしたエンジンだと納得させられる、かなり良い音がします。
    実際はもっと重低音が響いて動画で聞くより更に良いですよ。

    現在スワローハンドル&バックステップ仕様なので、お客様のお好みに応じてカスタムも承ります。

    乗りやすさを重視して、下の画像のようにハンドル&ステップをノーマルスタイルに戻しても良いと思います。

    Velocette Viper 791UXM 098


    アップハンドルにするとガラリと雰囲気が変わります。

    DSC_0646


    スラクストン風のカスタムやカウルを付けてもかっこいいですね。
    ※(画像はオリジナルスラクストン)

    velocette_venom_thruxton_lg
    VVT1


    ベロセットに関しては特に豊富な整備実績がありますので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2014年12月03日(水)

    既に始動しているADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLEですが、
    不定期ですがBLOGで日々の作業内容や車両紹介をしています。

    まだこのページの存在に気が付いていない方も多いようですが、
    BLOGページ上部右側のバイク画像をクリックして頂けると、そのBLOGページに飛びます.。


    同じくSTOCKページでは在庫車両も掲載する予定ですが、こちらはまだ準備中です。
    店舗では在庫車両もご用意していますので、興味のある方はぜひお越しください。

     

    ADDICT CLOTHES



    2014年11月30日(日)

    今日は現在海外で売りに出ている車両の中からお勧めのモノを紹介します。

    まずはうちが特に得意としているベロセットから

    default
    1936 VELOCETTE MAC 350cc (OHV)


    11default
    1957 VELOCETTE MSS 500cc (OHV)


    どちらも良さそうですね~

    現地で多分すぐに売れてしまうと思いますが、興味のある方はぜひお問い合わせください。
    ちなみにうちにもテレスコリジッドとスイングアームの各一台ずつMACの在庫がありますが、
    他の仕事を優先して行っているのでお披露目はもう少し先になると思います。


    Triumph 5T Speed Twin 880XUJ 098
    1950 TRIUMPH 5T SPEED TWIN 500cc (OHV)

    個人的にトラの中では好きな車種のスピードツインです。
    この辺の年代のバイクにサラっと乗るかっこいい大人が増えてほしいですね。
    マッチングナンバーではないんで多少価格は安めです。 外装はレストア済みでとてもきれいですね。


    101924 SUNBEAM MODEL1 350cc (SV)

    最後にとんでもないの持ってきましたが、本気で売るつもりです(笑)
    普段トコトコ走るにはとても面白いと思いますよ。
    誰かジャケットスタイルでこんなの乗ってみませんか?



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES  


    CCF20141130_00000




    2014年11月29日(土)

    ベロセットベノムとMSSのシリンダーヘッドオーバーホール完了です。

    MSSはウェットブラスト仕上げ、ベノムは徹底的に洗浄して仕上げました。
    MSSは売約済みですがベノムの方は販売用製作車両のものです。

    20141129-024

    特別な事は何もしてませんがNEWバルブ、ガイド製作、セット長、シートカット、
    修正面研等とフルコースの作業です。
    小さな積み重ねが調子のよいバイクへと繋がります。

    20141129-027

     

     あとはコイツを完成に向けて仕上げていっています。

     

    20141129-030

     

     ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES

     

    2014年11月24日(月)

    今日は昨日紹介した、1937 NORTON CS1のエンジン腰上OHが終わり組み上がったので試乗してみました。

    R0092072

    いや~ めちゃくちゃかっこいいですねー


    うまく動画が撮れず何度か撮りなおしましたが、全てほぼキック一発で始動できました。
    旧車、特にこの年代になるとちゃんと走らないと思っている人も多いかと思いますが、 きちんと整備すればめちゃくちゃ走ります。


    もちろん戦前車だけではなく戦後のノートンにも良い車両はたくさんありますので、
    興味のある方はぜひお問い合わせください。


    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES



    2014年11月23日(日)

    先日紹介したのは戦後のノートンインターナショナルでしたが

    今日のは1937年のCS1です。

    こちらはマグネシウム製のカムボックス、鋳鉄シリンダー、シリンダーヘッドですので同じ
    OHC500でも大分表情が違います。

     

    20141122 029

    腰上オーバーホールを施した後に何度も仮組、測定を繰り返し低速が犠牲にならず高回転も
    気持ちよく回るバルブタイミングを探し出し組み上げました。

    カムシャフトはインター用を使っていますが少し自己流にモデイファイしています。

     

    20141122 030

     

    始動させてみたところ中々良さそうです。

    その他にもハーネス新規作成張替等作業も行いました。

    明日より試乗に入り念入りにチェック、セッティングをして納車の予定です。

     

    その他にタンクのさび取り(他のバイクの)をしたのですが、
    錆取り前にざっと洗ってみると。。。。。

     

    20141122 026

    色々出てきました。(一部です)

    みなさんタンク内の状況にも気を配りましょう。




    次回は上のノートンCS1の試乗動画を掲載したいと思います。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES
    Mechanic 木谷


    2014年11月12日(水)

    本日よりワークショップ内での作業の一部を紹介もしていきます。

    エンジンのドレンボルトネジ穴なめで入庫した1951年ノートンインターナショナルですが、
    分解してみるとシリンダーに軽い抱きつき、バルブステムに曲がり、
    EXバルブガイドホールがゆるくなった所に薄く切ったリン青銅を巻きつけて嵌め代のごまかし等見つかったので、
    お客様と相談してこれを機にある程度問題のあるところは直すことにしました。

    DSCN2295

     

     

    ダミーケース、ヘッドを装着してボーリングして

     DSCN2301

    DSCN2305

     

    オーバーホールしたヘッドと共に一気に組み上げます。

    その他もサクサクと進めたいところですがベベルのOHCですのでバックラッシュ調整等の為、
    仮組、測定を数度繰り返す必要があります。

     

    完成した姿はまた後日!

     

    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES
    Mechanic 木谷

     

    2014年11月09日(日)


    前回の告知通り1929年SUNBEAMの走行動画です。
    昼間の都内なのであまり飛ばしていませんが、道が空いていればもっと速く走れますよ。








    ハンドシフトに手動進角レバーなど、忙しいバイクですが正にモータースポーツといった最高に楽しいバイクです。
    うちでは20年代~70年代まで幅広い英国旧車に対応しています。
    興味のあるバイクがあればぜひお問い合わせください。


    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2014年11月08日(土)

    しばらく車両紹介しないうちに海外ではよいバイクが売りに出ています。


    model K
    1927 MODEL K 350cc (OHC)

    随分と久しぶりに売りに出た20年代のヴェロセットモデルKです。
    20年代のヴェロは本当に売りに出ませんので興味のある方にはお勧めですよ。


    VELO KSS
    1936 KSS MKⅡ 350cc (OHC)

    こちらも売りに出ては毎回すぐ売れてしまうマークⅡです。
    ヴェロセットは戦前車でも整備経験は豊富にあるのでご安心ください。
    Kシリーズは欲しい時に探せるバイクではないので、興味のある方はぜひお問い合わせください。


    ついつい戦前車を多く紹介してしまいますが、
    みなさん20年代とか30年代のバイクなんて走らないと思っているみたいなので、
    次は1929年SUNBEAM MODEL 8の走行動画をアップしようと思います。

    ※一応言っておきますが、うちは戦前車しかやらないというわけではありません(笑)



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2014年11月05日(水)

    バタバタしており久しぶりの更新になりました。
    10日ほど前ですがバイクの搬入も進み作業環境も充実してきました。

    R0091118


    そして工場も8割方完成して既に作業を開始ししております。

    R0091804

    SUPREME時代にお預かりした車両の作業を進めながら、少しづつ販売車両も作り始めています。


    VELOCETTE VENOM CLUBMAN

    R0091801


    同じくVELOCETTE MAC

    R0091800


    しばらく更新していないうちに海外では良い車両が売りに出ていますので、
    また近いうちに紹介しようと思います。



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2014年10月23日(木)

    来週28日(火)~31日(金)はADDICT CLOTHES NEW VINTAGE展示会の為、SHOPは休業となります。
    前日27日(月)も定休日になりますのでご注意ください。

    展示会期間中は通販のみの受付となりますので、お目当てのものがありましたらぜひお早めに起こしください。

    尚10月26日(日)は19時までの営業とさせて頂きます。
    ご来店の際はお間違えの無いようお願いします。


    ADDICT CLOTHES


    2014年10月03日(金)

    最近携帯アドレスからのお問い合わせに返信すると、メールがこちらに戻ってくる事が多数ございます。
    携帯アドレスでお問い合わせされた方で24時間以上経ってもこちらからの返信がない場合は
    お手数ですがお電話でお問い合わせいただくか、PCアドレスから再度お問い合わせお願いします。



    ADDICT CLOTHES


    2014年09月25日(木)

    本日メールサーバーの不具合の為、数時間メールが受信できなくなっていたようです。
    本日メールでお問い合わせ頂いたお客様の中で、まだこちらからのお返事が届いていない方が居ましたら、
    お手数ですが再送をお願いします。すぐにご返信させて頂きます。



    ADDICT CLOTHES


    2014年09月23日(火)

    6月に渋谷から現在の店舗に移転してきましたが、
    新店舗にも変わらず来て下さるお客様も大変多くありがたく思います。

    今回、アパレル店舗が全く無い新宿の外れのテナントを選んだのは新しく私の趣味である
    クラシック&ヴィンテージバイクを整備販売する店を併設する為です。

    まだ完全には始動していないADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLESですが、
    店頭にはかなりバイクが増えてきました。

    R0090451
    R0090454
    R0090455

    あと1か月位は準備期間になりますが、
    10月末~11月上旬にはSHOPスペースのドアを挟んだ裏に整備工場が完成します。
    現在着々と準備を進めています。

    R0090461
    R0090459
    R0090462


    更に準備が進んだ頃にまた工場の方も紹介しようと思います。



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES


    2014年09月17日(水)

    今日も海外で売りに出ているトライアンフの紹介です。
    前回の戦前車に続いて今日は戦後の車両から4台。


    まずは個人的にも好きなこちら。

    tr-5
    1951 TR5 500cc (OHV) 現地車両価格EUR12500

    500ccのコンペディション(競技用)モデルのTR5です。
    こちらも最近は売りに出る数が減ってきました。興味のある方はぜひお問い合わせ下さい。



    3TA
    1950 3T 350cc (OHV)  現地車両価格GBP5000

    トライアンフツインの最小排気量モデルの3Tです。
    一部のパーツの供給が5T、6Tに劣りますが、350ccの軽快さと上位機種に比べお求めやすい価格なのが魅力です。



    6T
    1952 5T THUNDERBIRD 500cc (OHV) 現地車両価格GBP8650

    ここ数年特に人気のサンダーバードです。
    日本での人気の影響で現地価格も上がってしまいましたが、最近では売り物が出ること自体が稀になりました。
    しかも売りに出たとしてもすぐに売れてしまいます。
    この車両は少しエンジンのメカノイズが多くなっているとのことで、価格も現在の相場よりもGBP3000ほど安く売りに出ています。、
    その分エンジンOH代に回せば最初に少し時間はかかりますが結果良い状態で安心して乗れます。

    納車の状態はご希望に沿ってご提案いたしますのでご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。



    他にもいくつか良い車両が売りに出ていますので、興味のあるバイクがある方はぜひお問い合わせください。

    1955 TIGER 100  500cc (OHV)  
    $_57




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES 



    2014年09月11日(木)

    今日は海外で売りに出ているトライアンフの紹介です。
    ヴェロセットやマチレスなど、あまり日本では見かけない車両を中心に紹介はしていますが、
    もちろんトライアンフも輸入、整備致します。


    まずはガーダーフォークのバイクから。

    3254Triumph70
    1939 TIGER 70 250cc (OHV)  現地車両価格GBP6000

    戦前タイガー70です。
    トライアンフと言えばツインを想像すると思いますが、戦前にはこのような魅力的なシングルモデルもあります。



    SPEED-TWIN
    1939 SPEED-TWIN 500cc (OHV) 現地車両価格EUR20000

    戦前ガーダーフォークのスピードツインです。
    元々人気車種だったにも関わらず、現在でも人気が高い為最近では中々売りに出ないバイクです。
    こちらの車両は外装もきれいでお勧めできる車両です。



    次回は戦後のトライアンフをいくつか紹介しようと思います。



    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES 




    TriumphRacer



    2014年09月06日(土)

    今日は海外で売りに出ているAJSの車両紹介をしてきます。

    高年式の車両で良いものがなかったので2台だけの紹介ですが、
    フラットタンクに興味のある方にはお勧めの車両です。


    AJS
    1926 G6 350cc (OHV) 現地車両価格EUR13500


    以前AJSを紹介した時にも出てきた戦前AJSを象徴するBIG PORTです。
    もちろんハンドチェンジでVINTAGE MOTORCYCLEの雰囲気がプンプンとしますが、
    見た目の特異性はもちろん、20年代や30年代のバイクには独特の乗り味があります。
    乗った人にしかわからないので簡単な言葉で表すのは難しいですが、
    まさに古き良き時代のモータースポーツの感覚を楽しめます。


    AJS K6
    1928 K6 350cc (OHV) 現地車両価格GBP15500


    もう1台BIG PORTが売りに出ています。
    オリジナルペイントのヤレ具合がとてもかっこいいですね~
    この時代特有のアセチレンのヘッドライトも付いています。
    こちらもハンドチェンジでVINTAGE期の乗り味を存分に楽しめる一台です。


    この辺の車両は誰にでも乗れますよ、とは言いませんが、
    本気で乗りたければ私は東京のど真ん中、決して良いと言えない交通環境で乗っているので大丈夫でしょう。
    例えば戦後のバイクに比べれば修理に時間がかかったりパーツ代が割高になったりと忍耐力が必要ですが、
    本気で乗りたいと思った時にはそんなこと考えなくなります。情熱があれば大概大丈夫だと思います。
    パーツが割高とか修理に時間がかかるとか、そういう事が気になって仕方がない場合は、
    まだ乗る時期ではないのだと思います。

    とにかく乗りたいという方がいたらまずはお気軽にお問い合わせください。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES 





    AJS.big_.port_.racer_.trophy




    2014年08月28日(木)

    今日は海外で売りに出ているマチレスの車両紹介をしてきます。



    default
    1939 G3 350㏄ (OHV) SOLD


    ガーダーフォークのG3です。
    39年なので元々フットチェンジですが、こちらはハンドチェンジに変更されています。
    もちろんフットチェンジに戻すことも可能です。

    ガーダーフォークのバイクにしては安めの価格設定です。
    その分整備に費用をかけられますので、メーカー問わずガーダーフォークのバイクに乗りたい方にはお勧めです。

    現在のレートで約80万位なので、輸入諸費用、登録費用等を含む現状乗り出し価格が150万位になります。
    更にエンジン、ギアボックスなど完全OHをご希望の場合は別途承りますので、お気軽にお問い合わせご相談ください。



    Matchless G80 CES407 098
    1948 G80 500㏄ (OHV) SOLD


    単気筒500のG80です。
    アップマフラーに変わっていますが、もちろんダウンマフラーに戻すことも可能です。
    せっかくなんでアップマフラーのまま楽しんでみたいですね。




    R0059960
    R0059959
    1951 G3LC 350cc (OHV) ¥1,700,000+TAX  (予価)


    これはうちの在庫車両です。
    現在整備の為エンジンが下りていますが、完成するとこんな感じになります。

    opinion07101202

    実物は上の画像にも劣らないくらいかっこいい車両です。
    アルミフェンダーのくすみやタンクのペイントの剥げ方など時代を感じさせる、ちゃんと走ってきた、
    良い意味でのアジの出ている車両です。
    レストアされた綺麗なバイクとはまた違った、お金をかけても作ることはできない雰囲気のバイクなので気になる方はぜひ見に来てください。



    Matchless G80CS JSL764 098

    ちなみに現在、とてもコンディションの良い61年のG80CSも売りに出ていますが、現地車両代だけで210万です。SOLD
    輸入して登録まで入れると300万を超えますので、うちの在庫のG3LCはお買い得だと思いますよ。

    もちろんこのG80CSも輸入できますので興味のある方はお気軽にお問い合わせください。




    ADDICT CLOTHES VINTAGE MOTORCYCLES




    4430012_f99d5a4747ce80eedef6c3fcc7739196_wm




    11 / 12« 先頭...89101112